Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海自・護衛艦「あきづき」1/700〜アオシマ&ピットロード合作

アオシマもピットロードも挑戦的な試みがいろいろある素晴らしいキット。

部品類も含めて全体の完成度はピットロードの方が高い(価格も高いだけあって当然だが…)。

しかし、
迷いに迷って、
吃水上部の艦体の高さがピットロードよりも高めのアオシマのキットを基本にして、
ピットロードの部品を一部使って贅沢に建造することにした。

フルモデルならばピットロードなのだが、
ウォーターラインで建造するので高さが正確な感じのアオシマを選んだ次第…。
また、
艦橋の窓がエッチングで用意されているのもアオシマの良さだ。

アオシマとピットロードの艦体(平面形状)と構造物はほぼ同じ寸法なので、
若干摺り合わせをすればアオシマの艦体にピットロードの構造物をのせることも可能だろう。


海上自衛隊・護衛艦あきづき~1/700モデルのキット比較

護衛艦あきづき〜眺めるだけですが…


約3年ぶりに模型制作なので…怪我をしないように慎重に着手。
久しぶりのリハビリ的な作業で「あきづき」をつくるのは恐縮だが、
大きく小さくもなくリハビリには手頃な模型だ。
安全第一で着手したいと思う。

全体像を知るためにざっと艦体を仮り組して、艦体・甲板をざっと塗装してみる。

久しぶりの塗装だったので塗料が乾燥してしまい、
薄め液で薄めたが薄め具合が適当になり、手も汚れ、一苦労…。

適当に荒く塗装して仮組してみると、
1年以上寝かしていたせいか、艦体がそって中間部分が少し浮き気味なので、
折らないように注意しながら無理矢理調整…何とか調整できたようだ。


●艦体
艦体左右の継ぎ目のような線があるのでサンライン0.08号(釣り糸)で設置。

P1020348.jpg


●艦首付近

・艦首・右舷の錨の設置部分艦体にデバイスであける。


●艦尾付近

・艦尾にある丸型をした対魚雷デコイ(曳航具4型?)の繰り出し口2基はアオシマでは艦体と一体性成形だが、ピットロードは単独で立体的な部品にしている。アオシマの繰り出し口は削ってこの部品をつけることにする。この部品は埋め込み式で大きいので部品も削ってつける必要がある…しかし、穴の直径が少しだが小さいようだ…アオシマの繰り出し口の大きさは正しいようだが…。
 繰り出し口の大きさに近いものを探してみると…見つかった。何の部品か?戦闘機の噴射口(たぶんF18)のようだがこれがちょうどうまく合いそうだが…どっちでもいいかもしれないと放置。

・艦尾の錨の左右にある小壁?の形状が長いので短くする(向かって左は長め、右は短め)。
 なお、ピットロードの形状は正しい。
 調整中に誤って艦尾・錨を折ってしまったが、驚いたことにピットロードはこの小さい錨を単独で部品にしているのでこれを設置予定。

P1020508.jpg


●マスト

あきづきはマストが目立ち、さながら兜の派手な飾りのようだ。

ピットロードはアオシマよりもマストの部材が細く、実際のマストに近い感じだが、
艦橋などをアオシマにするのでアオシマをメイン、サブにピットロードの部品を使ってマストを制作…。

・リング状のIFFはアオシマの方が若干繊細なのでこれを使用するが、
 IFFの上部はピットロードの方が細かいのでこちらを使用する…
 が、小さすぎでどちらも大きな違いはない感じだ。

P1020280_20150709230306dbd.jpg


この部分の手すりはアオシマのエッチングしかない。
アオシマの説明書きではハシゴが左舷側にあるが実際は右舷側(だと思う)。

・リング状のIFFにつけるエッチングの手すりはオーバースケールで背が高すぎるので1段削って背を低くするとちょうどいいスケール感だ。

・OPS-20C・対水上レーダー(メイン・サブの2個)はオーバースケールかも知れないが形がいいのでピットロードを使う…と思ったが大の方は大して変わらないのでアオシマを使う。実際、小さくて判別困難で両方同じ感じだ。
 OPS-20C・対水上レーダー(サブ)の裏に風防?遮蔽板?らしきもの(下記)があるので設置する。

キャプチャshahei

・電子線装置(ESM)後方の張り出しに赤・橙・青の状況灯がアオシマでは再現されているが、
ピットロードでは省略されている。

・驚いたことにアオシマはマスト各下部の支えを部品にしている(初めて見た!…)
 …ピットロードのエッチングよりも便利なので誘惑に負けてとりあえずこれを一部使うことにする。

アオシマのエッチングにはマストのフェンスがあり、ピットロードのエッチングにはマスト下部の支え等があり、両社で重複がない!…2社の合わせ技になるようにしているようで談合で2つ買わせる計画か?
ピットロードのエッチングにある張り出し下部の支えは細くて注意要。すでに1個破損してしまった。
このエッチングの支えは細すぎなのでアオシマの部品とプラ棒で自作の両方で対応する。

・マスト左右・上下にあるパイプ状のもの(下記、赤丸の箇所)を設置する。

7_convert_20090101005727.jpg

・ORQ-1C-2(ヘリ・データリンク装置)下部の張り出しの支えの詳細が省略されているので一部削って支えを設置する。

・アオシマのエッチングの手すり、マストの風向計等のエッチングは最後に設置することにする。手すりはそのまま貼り付けるとオーバースケールでかなり目立つので少し控え目にしようかと思っている。

ほぼ完成したが…つくって見るとピットロードの方が繊細で実物に近いようなので、
時間が1番かかる部分なので面倒くさい…
逡巡したがピットロードをメインにしてもう一つつくることにした。

アオシマの艦橋への設置も少し工夫すれば問題ないようだ。
二個目なのでつくるのは早いだろう。

【ピットロードのマスト制作】

・ピットロードには張り出しの下部の支えが省略されて一体成形されているのでこのモールドを削除して、
支えを設置する。

・電子線装置(ESM)後方の張り出しに赤・橙・青の状況灯がアオシマでは再現されているが、
ピットロードでは省略されているので設置する。

00MAST122434445.jpg


・張り線…これは最後の工程。


●艦橋
・艦橋右舷の甲板に出る扉(エッチング使用)を開けた状態にすべく切り抜く。
・アオシマのエッチングにある艦橋の窓を設置。
・窓上部のワイパーを設置。

P1020331.jpg


・艦橋の両脇にあるバルコニーはアオシマは艦橋との一体成形で出来がいまいちなので少し手を入れる。
 ピットロードはこの張り出し部分だけ部品化しているせいか出来が良い。
 艦橋両サイドのバルコニーの詳細(照明灯・望遠鏡等)はアオシマにはないのでピットロードの部品を使う。
 バルコニー前の風防板のモールドが目立たないので設置する。
・艦橋上部にある半円形の小張り出しを設置。
・窓の下にフェンス状のパイプがあるのでエッチングの窓枠で代用して設置。その下部にあるパネルライン(継ぎ目のようなもの)をサンライン0.08号(釣り糸)で設置。
・艦橋裏の詳細がアオシマは省略されているので艦橋裏の壁の詳細を設置。エッチングのハッチ2個、小ルーバーを設置する(ピットロードはモールドにあり)。また、取っ手のようなパイプを左右2個、箱類を設置。金色の鐘も設置したがオーバースケール気味。旗箱の形状は細長いアオシマの方が正しい感じ。旗箱のサイドのパイプにマストから空中線が来ているので再現する。

P1020318_20150709225759094.jpg


・旗箱の上部にフェンス状のものがあるので設置する。
・ピットロードのエッチングに旗箱裏の手すりがあるので設置する。


●前部煙突
・煙突の両側の側面壁にあるパイプとマストからの空中線で結ばれているので、パイプを0.2mm真鍮棒を折り曲げて設置。
この空中線のパイプは、ピットロードではうまい具合にスペースが空いているが、アオシマはルーバーの位置が実際と少し異なり、スペースがあまりない。
・後部背面壁にあるルーバーは大小、各3個あるがアオシマは大きい方が2個だけなので1個追加する。
ピットロードのモールドは正しい。

※写真掲載予定

●後部煙突の構造物
・ジャマー前の壁に鉄棒2本がモールドにあるが目立たないので真鍮棒を設置。
・左右にある給油パイプ等がもモールドにあるが目立たないのでプラ棒等で設置。

P1020350.jpg


●格納庫のある構造物
アオシマの艦体にピットロードの一体成形の格納庫を設置することも可能(寸法等はぴったり)だが、アオシマでつくってみる。
・格納庫の内部の詳細を設置(2階通路・ハシゴ・左舷側の階段、天井部の緑色のクレーンなど)。
・格納庫入り口の間柱の裏側に補強柱のようなものがあるのでこれを設置すると良い補強になる。

P1020307.jpg


・格納庫の上部背面(FCS-3Aレーダーの裏側)の壁が少しデコボコになるのでサンドペーパーで平滑にする。
 この構造物はピットロードはシャープな一体成形にしているのでデコボコはない。
 寸法が合っているのでこのピットロードの格納庫構造物をアオシマの艦体に設置することも可能だ。
・格納庫上のファランクスがのっている天井部に通路があることを発見…塗装で再現したいと思う。
・格納庫天井にある2個の水平燈は同じではなく、前部の水平燈にはカメラのようなものがついているが、
アオシマ、ピットロードもほぼ同じだがピットロードの方が大きさは正しいようだ。ただ黒白の塗装等の詳細をオーバースケールのアオシマの方が手を入れやすいようだ。
・後部の水平燈をのせる張り出しの部品番号が…アオシマの説明書にない…「G8」がそれのようだ。この張り出しを当初一体成形にしようとして中止して後から別部品化したせいだろうか?
・格納庫入り口の上部に小さいハシゴ状のものがあるのでエッチングの窓枠で代用して設置。
・格納庫天井部、水平燈等のある甲板状に戦闘通路があるので試しにグレーのペンで塗装してみる。

P1020513.jpg



●兵装

・Mk45Mod砲塔
アオシマは砲身が可動するせいか?ピットロードの砲塔よりも大きく、
ステルスのシャープさ(角度のシャープさ)がないが大きさはアオシマの方が若干正しい感じだ。
そこで、
アオシマのモールドを少し削って(特に上部から前方あたり)、シャープさを出してみる(見た目、大して変わらない…)。

キャプチャhoutousha2112
▲実際の写真

▼アオシマ
P1020333.jpg

▼ピットロード
P1020334.jpg


一見するとアオシマは大きすぎてピットロードの方が良さそうだが…
しかし、実際、ピットロードは小さすぎるようでピットロードとアオシマの中間が正しいのではないか。

【蛇足】
砲塔はピットロードは小さく、アオシマは正確そうだがシャープさがない。もしかしたらこれは意図的なもので、正確なステルス設計のデザインをごまかそうとしているのかもしれない…考えすぎか。ピットロードはシャープさを出そうと削りすぎたのか…。

・Mk41VLS(短SAM=発展型シースパロー&対潜アスロック)
ピットロードの方がアオシマよりも大きく高さもあり、モールドがいい感じなのでこちらを使って、
詳細を設置する(前面壁に箱状のもの・後部壁にハシゴ等)
実際、どちらが正しいのか不明だがアオシマは小さすぎる感じがする。

※写真掲載予定。

・艦橋前ファランクス(CIWS)
土台の左右にルーバー、ハシゴがないので設置する。ピットロードにはモールドで表現している。

※写真掲載予定。


●11m作業艇周辺
・アオシマには周囲の座席が再現され、ピットロードはアオシマにない細部が表現されおり、若干ピットロードの方が繊細なので、こちらを使ってスクリュー(らしきもの)、スクリューガード(らしきもの)を設置。
・ダビッドはピットロードの方が細かくよく出来ていてしかも一体成形なのでこちらを使って詳細を設置。
構造物に設置するときはアオシマ側の設置箇所にある「穴」を埋める必要がある。
・作業艇の座席(右舷側だけ・左舷にはないようだ)等を設置。
・作業艇中央部に幌があるので、陸自・車両シリーズのトラックの幌を半分にして幅もカットして加工してみる。

P1020345.jpg



●その他
・膨張式救命筏(ライフ・ラフト)
ピットロードの方が支えのパイプが繊細に再現されていていい感じだが支えを0.2ミリ真鍮棒で作成するのでラフト本体の良い方が使う。右舷ラフトはアオシマ、左舷ラフトピットロード。
・クレーン
アオシマの方がピットロードよりも正確に表現されているが大きな違いはない。クレーンに油圧パイプのようなものがあるので1本だけ設置。
・スライデイング・パット・アイ
ピットロードの出来はすばらしく正確に詳細が表現されている。上部の照明があったらほぼ完璧だ。


●戦闘通路
アオシマ、ピットロード両社共にデカールを用意しており、甲板に通路のモールドがない…素直にデカールにするか迷うところだ。


【蛇足】
制作しながら…後悔が徐々に…。やはり高いだけ合ってピットロードのキットの方が作りやすく、かつ、繊細、正確なことを実感。ただアオシマは価格の割にはよくがんばっていると思った。組み合わせて見ると、アオシマの艦体・砲塔でピットロードロードの上部構造で合わせ技でも建造できそうだ。


久しぶりの細かい仕事をしてみてわかったが、
老眼で目が遠くなったようだ…さて、模型制作で矯正できるか?良い実験になりそうだ。

現在の建造時間:調査等を入れて約30時間。完成度約70%。

3年ぶりの模型製作というこもあっていろいろ不具合があり、
写真掲載するとかなり汚く見える箇所多発…
そもそも、
アオシマ&ピットロードロードの合作という冒険自体に問題もあるようで…
素直にピットロードロード中心でつくれば良かったと、
今になって後悔。

アオシマ&ピットロードロードの合作という2キット使ってを非常にもったいない話だが、
今回はリハビリを言い訳にして適当にやりすごして二番艦、てるづき等で捲土重来ということになりそうだ。


国産哨戒機・P-1〜護衛艦「あきづき」(アオシマ:1/700)付録

アオシマの護衛艦「あきづき」(1/700)の付録に海上自衛隊・P-1(哨戒機)がある。
世界でP-1の模型はこれだけだろう。

海自・護衛艦「あきづき」1/700〜アオシマ&ピットロード合作

【蛇足】
P-3C哨戒機の後継機として、アメリカは民間小型旅客機ボーイング737を改造したP-8(ポセイドン)哨戒機を保有している。2015/5/23、フィリピンから飛び立ったアメリカ海軍・P-8が南シナ海で岩礁を埋め立てて建設(侵略)中の中国軍基地を監視飛行した。


P-1はP-3Cの後継機として2013年から海上自衛隊に配備が開始された初の国産哨戒機機でジェットエンジンも国産。
P-1は次期国産輸送機C-2と主翼等のパーツを共通化している。

▼P-1(左)とP-3C(右)
P1 1020384


今後P-1は70機以上が配備される予定で、
P-1はプロペラ機のP-3Cよりも騒音が小さく、航続距離も長くなっており、
広大な日本の周辺海域での哨戒(潜水艦・艦船への攻撃等含む)を担うことになる。


「あきづき」のキットのP-1は飛行中を再現しているため、
車輪がすべて格納されており、車輪の部品がない。
そこで、
車輪を降ろした状態を再現することにし、
省略されている詳細を設置する。

・機体裏の展示用の穴をうめる。
・車軸を真鍮棒にして、主翼下、機首の3基の車輪をつくる。
・機体上部に細長いレドームがあるようなので再現する。
・機種の前方、後方に左右に球状の窓が各2つあるのでウェーブのリベット(丸)を設置(下記 写真)。

P1020398.jpg


・後方下部に排気口、赤ランプのようなものが左右にあるので設置。
・機体上部の前後、下部の前後に複数の突起(アンテナ)を設置。

P1020389.jpg

P1020397.jpg

P1020395.jpg


P-1には8つのパイロン(ハードポイント)があり、
最大8発の対艦誘導弾(国産91式空対艦誘導弾やハープーン)などを装備でき、
機体内の弾薬倉も含めて合計9,000キロの武装を装備できる。

キットでも8つのパイロンが用意されており、
ハープン6基、主翼中央部に91式空対艦誘導弾2基?
全パイロンに搭載するようなことはないのだろうが…さて、どうするか。

組み立ててわかったが…
バランスが悪く、重りを前方に入れないと後ろが重たく、前輪が浮いてしまう…
久しぶりの1/700航空機制作だったのでバランスを事前にチェックするのを忘れてしまった…。

主翼につける武装で調整できるか?…無理だろう。

ヘリ空母型護衛艦「いずも」〜マストも最大?

今年就役したヘリ空母型護衛艦「いずも」は海上自衛隊最大の艦船で、
そのマストも最大の大きさ?。

ハセガワの「いずも」の発売まであと約1ヶ月。

このマストを1/700でいかに細かく再現するか?研究中だが、
参考になる資料はまだ少ない。
なぜか、
ネット上等では右舷側の写真が多く、左舷側の詳細がよくわからない。
そもそも左舷側は大して見るべきものがないともいえるが。


「いずも」のマストは大きいだけに作りやすいともいえるかもしれない。

【蛇足】
マストはさほど大きいわけではなく…つくりやすいわけでもなさそうだ。


マストから伸びる空中線が前部・後部煙突の上部に伸びており、
この形状の再現が醍醐味だ。
空中線が集中する旗箱周辺も他の海自の艦船と少し違っているようだ。

格納庫内部をどこまで再現するか…
ハセガワ等の「ひゅうが」型では管制塔のような部屋も再現していたが、
「いずも」の形状は「ひゅうが」とは異なり、
アメリカの原子力空母・格納庫内の管制塔に似ている。











ヘリ空母?護衛艦「いずも」(1/700)発売〜さっそく予約

今年3月、
海上自衛隊で史上最大の大きさを誇る護衛艦「いずも」が就役した。

いずも型護衛艦(Izumo-class helicopter destroyer)は、
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)の艦級である。

いずもとひゅうがはデザインがほぼ同じで、
さながら兄弟艦で遠くから見たら同じに見える。

このような兄弟艦は現用艦では世界初ではないだろうか。

先行して配備されたひゅうが型をもとに艦体を大型化して、
航空運用機能や多用途性を強化したものとなっているが、
個艦としての戦闘能力はひゅうが型の方が高度で、
いずも型は航空機(ヘリだけでなくF35Bの運用も?)の運用力を高めた設計になっている。

6月下旬にハセガワが「いずも」(1/700)を発売する。
さっそく予約して、
詳細の研究開始。

1/700 No.031 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いずも
1/700 No.031 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いずも
ハセガワ 2015-06-21
売り上げランキング : 180


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海上自衛隊・護衛艦あきづき~1/700モデルのキット比較

あきづき型護衛艦、1番艦「あきづき」(DD-115・AKIZUKI)は、
2012年に就役した海上自衛隊の護衛艦。

3年ぶりくらいの久しぶりにこの最新艦「あきづき」の制作を思い立ち、
目も手も衰退気味なのでリハビリをかねてゆっくり行こうと思う。

まずは、基礎調査…
下記は初代「あきづき」のキット。

1/700 海上自衛隊 あきづき型護衛艦 DD-161 あきづき エッチングパーツ付 (J47E)
1/700 海上自衛隊 あきづき型護衛艦 DD-161 あきづき エッチングパーツ付 (J47E)
ピットロード 2011-09-25
売り上げランキング : 224711


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


漢字表記である旧日本海軍の「秋月」型駆逐艦を入れると護衛艦「あきづき」は3代目。
初代「秋月」が防空駆逐艦という性格を同じくするところから艦名を継承している。

下記は秋月のキットと「艦これ」での秋月のキャラ。

1/700 帝国海軍シリーズ 日本海軍駆逐艦 秋月フルハルモデル (FH-9)
1/700 帝国海軍シリーズ 日本海軍駆逐艦 秋月フルハルモデル (FH-9)
フジミ模型 2010-10-13
売り上げランキング : 71482


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


kankore akizuki

さっそく、
詳細調査とキット・部品選び。

アオシマ、ピットロードの二社から出ている、
あきづき型護衛、1番艦「あきづき」のキットを比較してみた。

アオシマ版は1年以上、寝かせていたが、
ピットロード版は最近、入手。

護衛艦あきづき〜眺めるだけですが…


ピッドロードの艦体は吃水上部が実際よりも1mm弱くらい短いようで、
満載状態か?少し重い感じなのでアオシマの方がいいかもしれない。
あきづきの排水量は基準 5,000トン、満載 6,800トンだから、
ピットロードは満載トン数の状態か?
その意味でピットロードは兵器類満載で本気モードもモデルだといえるかもしれない。

部品類を見ると、
部品数はアオシマの方が多く、
ピットロードは一体成形の部品が多く作るのが楽そうだ。

スクリューガードが両社共に繊細に再現されていて驚いたが実際よりもやや太め。

マストはアオシマの方が細かい感じだが、
ピットロードのエッチングにはマストの詳細部分があるのでこれは使う予定。

ピットロードのスライデイング・パット・アイ、11M作業艇のラビッド(一体成形で組み立て不要)は繊細でいい感じ。
ピットロードのスライデイング・パット・アイの出来はすばらしい。

膨張式救命筏(ライフラフト)はピットロードの方が支えのパイプが繊細に再現されていていい感じ。

ヘリ甲板上のLSO管制室がピットロードのエッチングにはあるがアオシマにはない。

ヘリ甲板上に設置されているヘリ運搬装置のベアトラップがアオシマでは再現されている。
ベアトラップが再現されている1/700キットを初めて見た。

あきづき型から採用された投射型静止式ジャマーはアオシマは可動式でいい感じ。

後部フェイズドレイズ・アレイ・レーダー(FCS-3A)が設置されている後部艦橋、
その上部にある2本の通信アンテナがアオシマでは再現されているが、
前部艦橋にある同種のアンテナは両社共に再現されていない。

前部煙突の後部背面にあるルーバーは大小、各3個あるが、
アオシマは大きい方が2個だけでここはピットロードが正しい。

Mk45Modの砲塔は…
アオシマは砲身が可動するせいか?ピットロードの砲塔よりも大きい…
アオシマの方が正しい感じだ。

アオシマには1/700で唯一手に入る(たぶん)国産P-1哨戒機がオマケについている。

甲板上の通路の白線が両社共にデカールになり、スジ彫り等で苦労することがなくなり、
大きな進歩だ。甲板のサイズはほぼ同じなので使い回しができるかもしれない。
デカールはピットロードの方が点数が多く優れている。

どちらを作るか、両方作るか、迷うところだが、
アオシマを基本にしてピットロードの部品を一部使って贅沢につくろうと思うが…逆になるかも。

今回見送られたと思われる艤装、
マストの完全ステルス化、埋め込み式SSM発射装置、RAMまたはSeaRAMの設置など、
自作で近代化改装してもう一隻をつくるのもいいかもしれない。

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。