Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/93-280b21a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

F/A18シリーズ(1/700) その2

今世界で一番の働きバチはと聞かれたら(そんなこと聞く人はめったにいないだろうが)、それは日本人か、F/A18・ホーネット(ホーネットはスズメバチのこと)だと答えるだろう(めったにない答えだが、自問自答)。
ミツバチの社会は女王バチと働きバチという2つの階級に分かれている。このF/A18という働きバチにとっての女王蜂はアメリカ合衆国大統領とアメリカ国民、そしてその同盟・友好国(日本を含む?)だろう。同盟国・友好国も日本のようにアメリカの働きバチともいえる面があるが、アメリカ自体、自国民を危険な戦場に駆り出しているのだから、一部の権力層の働きバチだもいえる。この世の中、本当のご主人様、女王蜂は黒幕の向こうにいるようだ。

F/A18はパイロットという働きバチを乗せた究極の働きバチ。

1/700の縮尺でF/A18の詳細にこだわる必要はないのではないかという疑問もあるが、1/700の艦船でも手すりをエッチングで再現するレベルから考えればおかしくはないことだ。模型は知的自己満足なのだから多少オーバースケールでも勝手に良しとして再現したい思う。

fa18etc ピットロード、フジミ等のキット(車両も)が混在

1/700のF/A18・C、F/A18・E/F、F/A18・Gの4つのタイプについて、その詳細を再現したいと思う。F/A18・Fをベースにした電子戦機であるF/A18・Gグラウアーは、EA6Bプラウアーの後継機で、まだ開発・試作中で詳細は完全にはわからない。

ピットロードやフジミのF/A18のキットで詳細が再現されていない箇所はどこか?F/A18のCよりもE/Fの主翼の大きさの大きさが大きいが、主翼の大きさ以外にどこに違いがあるのか?
C/Dはエアインテーク(空気取り入れ口)の形状が丸く、E/Fは四角いのはわかるが。

以下、再現できる箇所(できるかどうかは今後の課題)を整理する。相変わらず詳細の詰めが甘いが今後の課題。

●F/A18 C/E/F
実は当初、空母搭載機のため作る機数が多く、詳細には気にかけず手を入れないでおこうと思った。いろいろ資料などを見ているうちにキットで省略されている箇所が気になってきた。しかし、なによりも風防の色と再現をどうするかが最大の悩みでこのマイナス材料を少しでも打ち消すために詳細に手を入れて気休めにするような、しないような…。

すべてのタイプで共通している再現箇所を整理してみる。

【共通の再現箇所】
・車輪格納ハッチが7個(前部車輪:3個、後部車輪2×2個=4個)ある
・機首下の前部車輪に棒状の支え(格納引き込み装置?)がある。
※折れやすい車輪の軸周りに手を入れることで補強にもなる。
・アレスティング・フック(空母着艦時にワイヤーに引っ掛ける降着装置)がある
・パイロン(兵器搭載の吊り下げ装置)がある(一部のキットには不完全ながら再現されている)
・機体上部にUHF/IFF用アンテナがある
・機首下部にアンテナがある
・主翼裏に複数のフラップ調整装置らしき突起があり、主翼を折りたたんだときにこの突起が見える
・垂直尾翼上部に複数の突起(アンテナ・フラップ稼動装置等)がある
・ATFLIR(発達型目標指示赤外線前方監視装置)ポッドや兵器システムの詳細(ミサイル・爆弾等)


●F/A18 C/D
Cの乗員は1名、Dの乗員の2名で風防の大きさ以外は両タイプはほぼ同じ。手元のキットにはCタイプしかないのでこれに限定して詳細に手を加えることにする。

fa18c 11          fa18c 10
主翼端にサイドワインダーのつもりでピットロード・現用機セットのキットについているミサイルをつけてみたが太すぎる感じ

【再現箇所】
・LEX(機体脇の翼の付け根の拡張部分)にフェンス(1/700では小さな突起でしかないが)がある(フェンスは初期製造の機体にはなく80年代末以降の機にある)
※LEXはストレーキともいわれ、気流の渦を発生させて機体を安定させる。
・ALQ165アンテナが機首・風防後方に4箇所ある(小さい楕円形の突起なので塗装で再現)


●F/A18 E/F
Eの乗員は1名、Fの乗員は2名で風防の大きさ以外は両タイプはほぼ同じ。

fa18f ura10  fa18f 11  fa18f 10
パイロンが太すぎる…面倒くさいので、これはこれでということで次機より部材検討

【再現箇所】
・機首上部にAIFFアンテナを覆うフェアリング(長方形)がある


●G
F/A18・Fをベースにした電子戦機であるF/A18・Gグラウアーは、まだ開発・試作中で詳細は完全にはわからない。F/A18・GはEA6Bプラウアーの後継機。なんでも転用アリのようなF/A18はそのうちバイキング退役後、給油機にも転用されるのかも(あくまで個人的推測)。

fa18G 10           fa18g ura

【再現箇所】
・主翼端にミサイルランチャーの替わりに円筒形のアンテナフェアリングが装着されている
・機体上部に2箇所アンテナがある
・機首突端に棒状のアンテナがある(これは試作・実験機だけかもしれない)。
・主翼表に板状の突起・フェンスがある
・主翼下と機体下にAN/ALQ-99戦術電波妨害装置(TJS)ポッド=ECMシステム(EA6Bプラウアーのものと同じに見える)を3基搭載

なお、
ミサイル・爆弾等の主翼下部の兵器システムは小さすぎて自作等にも限界があるので今後の大きな課題。また塗装時とデカール貼り付け時に、配属部隊等による細かな違いが出てくる。


詳細を検討して手を入れるのは楽しいが、1機のニミッツ級空母のために上記の詳細を反映してF/A18を40機以上作るのは退屈で、少し自虐的にも思える。塗装済みのキットが発売されたら迷うことなく買うだろう。


【参考】
モデルアート(2004/4 NO.654)など

F/A18シリーズその1
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/93-280b21a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。