Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/70-a49ec33d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本国憲法 第9条 戦争の放棄~そのあいまいさ

日本国憲法第9条は日本語として非常に解釈の難しい文章である。


日本国憲法

第9条 

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(第1項)

2 前項(第1項)の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 (第2項)


わが国の自衛隊は間違いなく「軍隊」である。しかし、この軍隊たる自衛隊が他国を侵略することは憲法上許されない。

憲法第9条のもっとも有力な解釈としては、
第一項の目的(戦争と国際紛争を解決するための武力の威嚇・行使)を達するための陸海空軍は保持しないという意味で、国家防衛としての陸海空軍は保持してもかまわない、ということだと思う。
この解釈にそって、自衛隊は憲法上違憲ではないということになる。

かつて、ナチスも日本帝国・陸海軍も国家防衛の名の下で戦争を行った。
戦争によって新たに獲得した国土を防衛するという意味で、ナチスの軍隊は「防衛軍」「国防軍」と言われていたのだ。
この戦争の事実を忘れることなく、「防衛」=自衛の意味をしっかり考えたいものだ。

国が国民の生命と財産を守るのは当然の話。
しかし、国民の財産や他国の国民の財産を増やすために、また他国の国民の安全を守るために加害の国を侵略することは許されない。
「自衛隊」を「軍」として認め、万民に明確に解釈され理解されるように「戦争を放棄する」という国の理想をもっと明確に条文にあらわせるように改正されべきだろう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/70-a49ec33d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。