Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/67-ae0ce86d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

二極化=冷戦=核抑止から多極化=テロ=局地戦へ→国家責任の時代

人類有史上、貧富の格差がここまで大きくなっている時代はなかったのではないだろうか。
貧富の格差拡大とともに、
米ソの二大超大国が勢いを失い、世界は多極化の時代に入りつつある。
米ソのうち先に倒れたのは旧ソ連、そして今サブプライム問題による金融バブル崩壊でアメリカを含む旧西側先進諸国の勢いが大きくそがれつつある。

そして、
環境問題が大きく頭をもたげつつあるが、貧富の格差、多極化の流れのような切実さを感じる人はまだまだ少ない。

今、
現代史上に残る大きな分岐点をじわじわと生成しつつあるのではないだろうか。

インドでは、
ムンバイでのテロ攻撃を受けて、テロ対応の車両・武器等を今後数年で莫大な軍事費支出を行うという。

中国では、
ソマリア沖での海賊行為を受けて明時代の鄭和が遠征した15世紀以来、500年ぶりに遠洋に軍艦を派遣することを決めた。

日本では、
隣国の北朝鮮が日本人拉致を公式に認めて核ミサイル開発を加速化している。日本も多極化の中の一角に位置づけられている。

ここのところ、イスラエルとパレスチナとの争いも激化している。
などなど、局地的な対立は枚挙にいとまない。

マネーの過剰流動性が度を超えて破裂し、世界規模での金融収縮が起きているとはいえ、近年になく国力が強化されているインドなどの新興諸国からの武器需要は増加傾向にあるではないだろうか。
核拡散の歯止めはある程度かかっているとしても、通常兵器拡散の勢いは核分裂のように加速している。

危機感。
多極化した争いは限定的・局地的ゆえか、イラク・アフガニスタンなどの遠くの国々から伝わるニュースで感じる危機感は大きくはない。
東西冷戦下でぎりぎり抑止されていたパンドラの箱のふたが徐々に開きつつあるように思うのだが。

平和な国だった日本?
多極化=地域・国家責任の時代ともいえる。
自己責任も国家責任も希薄なこの日本国そのものの足元から強い危機感を感じつつある。

国民と国家は裏腹で、国家責任はつまるところ、有権者で税金を払っている国民の主権認識からくる国民責任。

個人も国も危うくなるという、
得たいの知れないこの危機感が臨界点に達したとき…明治維新のような大きな波動となって、津波のように何かが押し寄せてくるのかもしれない。
そのとき、受身的=社会適応能力の高い多くのわが国の人々はその波を乗り越えて生き延びるだろう。

しかし、
ここ10年激増している自殺者の数に見えるように、生きる希望を失い脱落してゆく社会的被害者の存在に思いを寄せないでより幸福な時代を迎えることはない。

閉塞状況にある時代はいつもそうだろうが、
個々の人々の「賢慮」、
賢=知性と慮=やさしさが試される時代だといえる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/67-ae0ce86d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。