Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/56-2f0758f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

音響測定艦 ひびき 建造中 1/700

音響測定艦ひびき型(AOS Hibiki)は潜水艦の探知と音響情報収集のための艦船。そのため秘密性が高く、一般公開どころか自衛隊内部でも乗船に制限があるという。1991年就役で、海上自衛隊はじめての双胴艦。同型艦はひびきとはりまの2隻で、アメリカにある同型艦を基本に建造されたと思われる。

武装はまったくないようで(?)、甲板上右舷にある壁のような装置(用途は不明)があり、艦内にはいったい中に何が入っているのやら…得体が知れない興味津々の艦だ。ミサイル追跡艦オブザベーション・アイランドと共に現代を象徴する現用艦だといえる。

艦船模型ファンには非常に人気のある艦船(ある人気アンケートでは堂々5位にランクイン)なのでメーカからキットが出ていないのは非常に残念。人気があるとはいえ現用艦ファン自体、母数が限られているから出てもメーカーの収益確保の見地から見て相当お高い値段になるだろうが自作するよりは安く上がる。

シールズモデル(レジンキット)でこの艦が出ていたがもう入手は困難。このキットを超えるべく自作建造する。
さっそく建造着手。
ネットを中心に写真などの資料を収集し、ラフなスケッチも書いているがマストなどの詳細はこれから。艦橋構造はある程度のステルス性があるのか、直線的で作りやすいようだ。

甲板上のマストや構造物は比較的簡単に造形できそうだが、双胴艦という特性上、甲板より下の艦体部分の構造づくりが一番面倒。

全長67m、幅が30m。
思ったよりも大きな艦だ。輸送艦おおすみ型よりも迫力があるかもしれない。
同じ双胴艦で、2008年暮れに就役したアメリカの沿海域戦闘艦(LCS)インディペンデンス級にも似ている。

hibiki1
艦体は護衛艦おおよど2隻分なのだからデカイ。
音響測定艦、恐るべし。

ゼロから双胴を作るのは面倒なので二つの艦体にうまく合うキットを探してみる。ハセガワのおおよど・せんだいの艦体を短くして使えそうな感じだ…だと当初思ったが、かなり異なるのでゼロから作ることに決定。「にちなん」「オブザベーション・アイランド」は艦体を他のキットで流用したので、今回がはじめてのフルスクラッチ。

hibiki ken katai100 スケッチと艦体

潜水艦救難艦のように甲板に開口部があるのか?ないのか不明なのでどうするか思案…とりあえず開口部を作っておけば後から埋めるのは簡単なので作ることに決定。

ブラ材をなるべく無駄にしないように歩留まり率を考えながら艦体の骨格がほぼ完成し、甲板をプラ板で張る。
峠は越えた感じだ。

艦体の詳細の造形はパテを中心に行う予定。
hibiki ken 101 艦首
艦首の造形はもっとシャープで複雑…完成度は6割。

hibiki ken 100 艦尾
艦尾も…なかなか造形が難しく…完成度は8割

高性能曳航式ソナー・SURTASSは艦尾中央にある開口部から海中に落とされ、その探知範囲は数百キロとも言われている。この開口部は大きな口のような格好でおもしろい。これを作るのが楽しみだが面倒な部分でもある。

艦橋構造部に着手。
真横から見た資料がなく、後部ヘリ甲板と艦橋構造部の縦方向のサイズが微妙なのでほぼ目検討で配置。
hibiki ken kankyo1
甲板に支えを入れなかったのでたるみが心配。たるみ防止のため甲板上をプラ板で補強。

艦橋上部に搭載されている大型電球のような透明ドームもおもしろい。サイズが合えば本物の電球を使う予定。

煙突、後部ヘリ甲板下部、甲板上の詳細に着手。
hibiki ken 102

hibiki ken 200904031
艦橋の窓をエッチングの精密窓枠(ジョワールド)で設置。
当初思っていたよりも艦橋前部の構造が複雑。

ヘリ甲板下部の詳細(換気口、ドア、浮き輪等)を新設して周辺を一部塗装。
hibiki ken 200904033
左舷ヘリ甲板下に木材、白色の箱等を設置

hibiki ken 200904032

艦橋構造部分をほぼ完成させる。
hibiki ken 200904041
hibiki ken kan 200904040
大工事はマストとヘリ甲板を残すのみ。
当初思っていたよりも詳細部分に時間がかかりそうだ。

マストのスケッチを書き、マストの骨格をプラ棒で作る。
hibiki 200904081mast

hibiki 20090408mast
艦橋脇の左右甲板にある大型クレーン2基、後部甲板左舷にある小型クレーン(他と同じクレーンかもしれない?)、艦橋脇のケーブル巻取り装置らしきもの2基を作る。

hibiki 20090410マスト、ヘリ甲板を仮置き
ヘリ甲板上後部にハッチがあるようなので開けた状態を再現

うっ…マストが実際よりも大きすぎるようなので、背を低くして再度調整。
真横からの写真がないので、斜めから撮った写真から作ると正確な高さがわからないものだ。

hibiki 20090418 マスト等を仮置き
マストに航海レーダー、水上レーダーらしきものを設置。
ヘリ甲板に照明、後部に張り出しを新設。

塗装を除いて難工事はほぼ完成。

投入時間30時間 完成度8割くらい。後5時間以上はかかる模様。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/56-2f0758f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。