Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/240-b4deb678

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

航空自衛隊 新田原基地航空祭 2011に行きました!!

12/4(日)、
新田原基地航空祭(宮崎県・新富町)があった。

2011ポスター

例年晴天続きの航空祭だが、
今年は…週間天気予報で危険信号が点滅していた。

前日の12/3お昼に宮崎に到着して、ホテルに荷物を置いて午後は青島観光へ。

青島への道すがら記念写真の店に元知事の東国原氏がいました。
これを真ん中に入れて記念写真を撮るようだ。

DSC00703


青島駅から宮崎駅行きの電車で海幸山幸号に運良く乗れた。海幸山幸号の内装は椅子などに木材を使っており、九州新幹線とほぼ同じコンセプトだったので、デザインは水戸岡鋭治氏のものだと思った。

DSC00749

宮崎駅行きの海幸山幸号は改札出てすぐのホームではなく、
線路を地上からまたいで渡った向こう側のホームだったのであやうく乗り遅れるところだった。

夕方、宮崎駅につくと綺麗な夕焼けで、明日は晴れそうだ。

DSC00753

昨今のヘルシーブームの中で、
宮崎は鳥等の名物に加えてカツオを売りにしようとしているようで、
前の晩行った居酒屋や空港内の飲食店でもカツオが一押しのメニューに入っていた。

翌日朝6時くらいの宮崎発の日豊線で高鍋駅→バスで新田原基地入りする予定だったが、
仕事の疲れと、前の晩に飲んだビールと焼酎(名月だった)のせいで寝坊。

ホテルの窓から外を見ると…今年も見事に雲一つ無い晴天…少しだけがっかり。

基地内での撮影は逆光になり、
写真撮影には曇った方が有利だからだ。


なぜか、
朝7時台の日豊線の本数が少なく、
8時7分宮崎発特急にちりんに乗って朝8時半過ぎに高鍋駅につく。

ピークを過ぎたのか?
高鍋駅のバスに大して待たずに1台目のバスに乗れた。

バスは基地直行のシャトルバスではなく、通常の路線バスの増便なので、
高鍋町の中心地を一周して基地へ向かう。

驚いたことに、
バスは渋滞している基地の正門を通り越して…
さて、バスはどこに行くのか?

バスがついたのは基地の西門。

サービスだったのか?
西門入り口付近に、
飛行教導隊(仮想敵機となって空中戦を教育するトップガンの精鋭部隊=アグレッサー部隊)
のF15が駐機していた。

渋滞にはほとんど出くわさずに順調に基地につき、
バスを降りたのは9時過ぎで、
オープニング飛行は終わっていた…残念。

基地の西門と西門に隣接する駐車場には、
観光バスやマイクロバスが200台以上とまっていて、
滑走路脇ぎりぎりまで駐車場にしていたのには驚いた。

さっそく、
地上展示や屋台がある基地の中心部に移動してみると、
バスが止まった西門はずれから基地の中心部までの距離は正門から中心部までの距離よりも長い。

さて、
どこに陣取るか?基地内を一周しながら撮影開始。

基地内の撮影スポットからは逆光になってしまい、
午前中の撮影はボツ連発で良い写真が…ほとんどない…残念。

基地の外の南側に陣取って撮影する気持ちがよくわかったが、
基地から徒歩で行くにはちょっとたいへんな場所だ。
その日も南側の敷地にマイクロバスで乗り付けて撮影しているグループがいた。


何となくF4、F15はデモ飛行の高度が少し高いようで、
ファインダーの画角に大きく写らない。

F15が燃料タンクを誤って落としたことによる自粛ムードか?
それとも気のせいか。

うまくカメラのファインダーに収まらないのは、
持参したキャノンの100-400mmレンズの画質を少し良くしようと350mmに設定してしまったせいか?
単に腕のせいか?
それもあるがキャノン・100-400レンズの距離設定を誤って短くしていたせいだろう。

レンズといえば、
今回の航空祭ではキャノンの白レンズに加えて、
シグマのAPO50-500やソニーの70-400の新規参入が目立った。


撮った写真を見てがっかりだが、
まずは、
アフターバーナーが見える写真だけ集めてみた。
逆光でしかも比較的高度があり…トリミングして調整しまくりで恥ずかしながら掲載。

IMG_1033

IMG_0986-1
↑F15

↓F2
IMG_1133-1


IMG_1164

IMG_1140

IMG_1211


派手な迷彩塗装のF15は教導隊の機体は、
写真のトリミング&調整でやっと再現。

IMG_08691

IMG_0654-1

IMG_0851

IMG_0776


数年で引退すると思われるF4ファントムをもっとも近くから撮りたかったが…。

↓F4
IMG_1381-1

IMG_1388 1


IMG_1355


F4の対地攻撃デモが終わると午前の部は終了で、
お昼の休憩に入る。

格納庫の中で珍しいデモをやっていた。
それはF15の前輪を格納する油圧のシステムをデモで見せるというものだった。

759


午後のデモまで時間があるので、屋台も見て歩く。

屋台の中に日本に3台しかないという吉野屋の牛丼車も来ていたが、
ここまで来て牛丼は…逆に地元の人には受けるかも。

DSC00767-1

混雑を予想して、
タルタルソースの名物チキン南蛮弁当を買っていたので、
焼き鳥を買い足して、
屋台の後ろの空き地を陣取る。微妙に日陰になっていて穴場だ。

食べかすのゴミを捨てようとゴミ箱を物色するが…どこにもない。
買った店でゴミを処理することになっているので、
買った店を忘れずにチェックしておく必要がある…が、小生が買った店が見つからない。
それもそのはずで、
午前中に買った弁当店が鞍替えして、
お昼過ぎはお土産屋になっていたのだ。


午後は、
空挺部隊の落下傘降下からスタート。

IMG_1476-1



最後のブルーインパルスの飛行は、
期待以上に素晴らしかった。

IMG_1511

IMG_1727

IMG_1772

DSC00778

DSC00789

DSC00824

新田原基地でのブルーインパルスの曲技飛行は、
写真を見るとよくわかるが、
さながら太陽=日輪と競演しているようだ。

逆光で望遠での写真はほぼ完敗だったが、
機体を限界近くまでゆさぶったときに出るペーパー(蒸気)がよく見える、
気合いの入った航空祭だった。

NEX-5&広角レンズで撮った展示飛行はまずまずで、
その内容も予想以上に充実していて、
100軒近く出ていた屋台の食べ物も美味しく、
地域とも密着した日本有数の素晴らしい航空祭だった。

今年の入場者数は8万人くらいか?
もっと来ていたような気がするが不明。

昨年はバス停が正門だったが、
今年は混雑を避けるためか?帰りのバス停も朝と同じ西門のはずれに移動していた。

15時前に高鍋駅行きのバス停の列に並んで2~3台目待ちで乗れた。
宮崎市内(宮交センター)・空港行きのバス停の列はもっと長く続いていたので、
高鍋駅行きが良いようだ。

これもサービスか?
西門入り口付近に飛行教導隊のF15が4機並んでいた。

帰りもバスは渋滞に巻き込まれずに、
順調に高鍋駅に到着。

高鍋駅発15:57分の特急「にちりん」が上下共(博多行きと宮崎空港行き)に同じ時間に出るので、
間違えたらたいへんだと思って気をつけた。

無事、宮崎空港行きの特急にちりんの自由席(5~6号)に座われて、
約30分で宮崎空港へ。

思えば、
基地の西門のバス停と基地内中心部との間の移動に予想以上に時間がかかったが、
それ以外はすべて順調だった。


帰り際に、
宮崎空港敷地内にある特攻隊慰霊碑をお参りした。

慰霊碑は航空燃料タンク群の裏手にある空港の管理区域にあって、
タクシーなどの一般車両が入れない場所にあるので、
徒歩でしか行けない。

宮崎空港は、
太平洋戦争時代、旧海軍・赤江飛行場と呼ばれ、
多くの将兵が特攻隊で飛び立っていった。

DSC00841

慰霊碑には、
2000名くらいの名前が刻印されていたが、
その半数くらいが宮崎県出身の隊員だった。

ふと、
特攻隊で飛び立った隊員がどのように気持ちで、
宮崎の大地を見ながら海へと向かったのかを想像していた。

彼らの多く(たぶん、皆)は、
宮崎の大地や青い海の向こうに、
日本や天皇陛下のためというよりは、
郷土や家族、友人らを顔の思い浮かべただろうと。


今、宮崎には航空自衛隊の新田原基地があり、
また、福岡と並んで市街地に隣接した利便性の高い宮崎空港があり、
その敷地内には日本に2箇所しかない航空大学校の一つもある。

宮崎は、
日本の航空機のメッカとも言える場所なのかもしれない。

DSC00846
↑宮崎空港の送迎デッキ






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/240-b4deb678

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。