Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/212-8e44a52a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

海上保安庁 巡視船「つがる型 ちくぜん」建造 (1/700)

海保のヘリ搭載巡視船「つるが型ちくぜん」(PLH06、第七管区福岡海上保安部配備)がピットロードから発売された。

turuga tikuzen

キットの箱に映画「海猿」のロゴが入っており、映画のタイアップ商品になっている。
当分、積んでおく予定だったが、尖閣問題で海保の重要性を再認識したため、予定を繰り上げた作りたくなってしまった。

メインマストは当初、ゼロから作り直そうと思ったがキットの出来がいいのでそのまま使うことにした。
一体成形のラティス・マスト(メインマスト)と共に、ヘリ「ベル212」のデカール(窓まで一体になっている)も秀逸で業界一のレベルだろう。

★海保・ベル212(古)


●後部マスト

IMG_0311

・マスト左右にアンテナがあるので手すりのエッチングを加工して新設する。
・梯子を2個新設する。 

IMG_0313


●メインマスト・艦橋

IMG_0312
↑上部デッキにエッチングの手すりを新設する。

IMG_0322
↑マスト左右にヘリ映像受信装置(通称:船テレ)があるので新設する。

IMG_0318

・艦橋にエッチングの階段を5個新設する(1個は差し替え)。
・35mm機関砲の前部に手すりのようなパイプがあるの新設する。
・20mm機関砲の丸いデッキの下部に支え棒があるので新設し、デッキへ上る2段階段を新設する。
・35mm機関砲の左舷甲板上と艦橋左舷甲板上に吸気口(?)のようなものがあるので新設する。
IMG_0335


●ヘリ格納庫・甲板等

ヘリ甲板を支える柱があるので新設する。

IMG_0316 tikuzen

ヘリ格納庫は内部を再現する。

IMG_0327
↑排気口らしきものがあるので新設する。

IMG_0328

IMG_0324
↑つるが型の5番船ちくぜん以降にはヘリ運搬軌条があるので新設する。

・格納庫右舷の階段を削除してエッチングの階段に差し替える。
・格納庫脇にある排気口(?)の突起の厚さが薄いのプラ板で厚くする。
・格納庫天井部にヘリ誘導灯2基、消火銃2基を新設する。
・格納庫天井部のレドームの位置をずらして照明塔を1基新設する。


巡視船「しきしま」、「えりも型」も比較してみる。

IMG_0321
↑上:巡視船「しきしま」、中:ちくぜん、下:「えりも型」も比較してみる。

しきしまはデカい。
世界最大の巡視船しきしまのキットも早々にどこかで出してほしいものだ。ソマリア沖等への遠洋派遣のために国は「しきしま型」を2隻建造中なので就役するころにはそれなりに話題になっているだろうし…。

★巡視船しきしま 自作

★巡視船えりも型もとぶ


手すり・ヘリ甲板の転落防止網・船首の旗立ての手すり等以外はほぼ完成。

IMG_0334

IMG_0333

IMG_0329

IMG_0332
ボート周辺のワイヤーを伸ばしランナーで新設している。
クレーンで吊るす防舷材を置いて、クレーンのワイヤーも伸ばしランナーで新設する予定。

IMG_0331
↑しまった~せっかちなもので写真を撮ろうとして船首左舷の「ちくぜん」のロゴが取れてなくなってしまった。


総建造時間約12時間だが詳細部分の研究を入れればそれ以上かかっている。

より詳細に新設・加工箇所の説明をアップしていたが誤って削除してしまった(泣)ので、
再度思い出しながらまとめてみた。

映画「海猿」がロングラン大ヒットすることを祈念。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/212-8e44a52a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。