Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/202-f063a9cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ニミッツ級航空母艦ジョージ・ワシントン(1/700) 建造中~第2期工事

半年ぶりにワシントンに着手。

2008年5月の建造開始以来、総工事時間100時間投入している。
ピットロードのワシントンは就役時の姿を再現しているため、最近の改装(マスト、艦橋、艦体等)を反映するために40箇所くらいの修正をしており、ここにかなりの時間を使っている。

★第1期工事:2008年~2009年の製作過程


艦橋・マストなどの難工事はすでに終了。

とはいえ、まだ艦載機があるが。

艦載機のことはしばらく忘れることにして、
甲板・艦体・艦底を塗装してさらに詳細を作り込んでゆく。


艦体周囲


・艦橋下部・艦体右舷の詳細を新設

washington ugen 000111

washington ugen kan0001
この艦橋下部の部分はさらに詳細を作り込む予定。


【蛇足】
艦橋下部のこの部分はニミッツ級では艦ごとに3タイプくらいあるようだ。ワシントンも就役時と改装後では変わっている。現在、予算不足ならぬ時間不足で建造・保留中のレーガンでは最新のニミッツ(ピットロードの2005版)をベースに改装した。
1/700とはいえニミッツ級となるとデカイ。ワシントンとレーガンは出来上がったとしても…満足に展示できるスペースはなく、部屋を整理して「改装」しないと無理だ。


・艦体前部左舷のRAMの防御壁を新設

washington sagen RAM kabe001


・艦体前部右舷のファランクスの台座部分を若干修正

washington ugen  fa dai
このファランクス、シースパローが設置される張り出し部分の周囲の形状が実際とは若干異なるので修正する予定。


・艦体左舷のエレベータ後部にある大型レドーム張り出し部分の修正

張り出し部分の詳細を作り、設置位置が少しずれているので修正する。上部にエッチングのセーフティゲージ(LIONROAR)を張る。

・LSO(着艦誘導指揮)台座とその周囲
エッチング(ニミッツ用・ゴールドメダル)等で新設し装置類の詳細も作り込む。
ここには何の防御壁もなく着艦時は非常にキケンな場所になる。台座の横にある囲いは緊急時にここに飛び込んで難を逃れる場所で緩衝材・クッションも設置されている(クッションをつけるか?検討中)。囲いの周囲にあるパイプを再現したプラ棒が少し太いので細くする予定。
※ LSO(Landing Signal Officer)は着艦誘導指揮官のことで通常非番のパイロットがこの任務を行う。パイロットは非番時も命がけだ。

washington LSO0001

wa tyakkan 20100511
LSOには衝立のような板があるが後で設置予定


シースパローの台座後部のキャットウォークも実際とは異なっているので修正している。


甲板周辺


・アレスティング・ワイアーが甲板に打ち当たる箇所に補強鉄板らしきものがあるので8箇所新設…プラ板が厚すぎだが。

washington kan wai hokyo 00

・兵器等運搬用小型エレベータのハッチを開いた状態に再現すべく甲板上に稼働中のエレベータの穴を新設


・艦橋後部エレベータ脇に張り出しを3個新設

washington ugen koubu ele 001
左右の壁にあることがわかり、もう一方の側にも張り出しを新設

washington ugenkou waki001


・クレーンの設置
2個のつり下げ部分は形状がそれぞれ異なるので詳細を少し作り込み、回転できるようにしてみる。
ワイヤーのモールドは太すぎるのでカットしてはランナーをあぶって細いワイヤーを作ってみる。これは安上がりで歩留まり率も向上する。

washington crane0001

クレーンの台座周辺の形状も若干異なっているので手を入れている。

その他、
・エレベータ部分の下部に斜めの支えを新設
・甲板周囲に6箇所(?)、何かを海中に落とすための滑り台(?)のようなものがあるので新設。1カ所は左舷エレベータに新設。

・ライン類
 デカールにしようか迷うが、甲板の太い白線と黄色線はガンダムマーカ等で塗装する。デカールの完璧な線よりも手書きの微妙な揺れが実際の線のようなかすれ・劣化を表現できそうだ。
 細かい線種の箇所はデカールを使用し、キットのデカールで用意されていない箇所は市販のデカールで仕上げる予定。

washington kan200904

washington kan2009041

・アンテナ設置のための張り出しを前部左右に4箇所(キットの部材もあるが自作)、左舷中央のキャットウォークに2箇所新設

・左舷キャットウォークにある指揮・監視ボックスが改装されているので自作新設

・甲板のジェット噴射防護壁下部の支えの詳細を修正

wa kanjet 201005

wa jet kabe 00010


・その他
 キャットウォーク上の小物類を設置予定



艦尾

保護柵は本体キットについているエッチングにする。この保護策の内部にデッキ、階段等があるので新設

washington hogo 001

艦尾右側のファランクスとその上部のレドームは改装で取り外されている…
せっかく作りこんだが思い切ってカット

washington hogo 002

艦尾デッキでエンジンのテストを行うためエンジン噴射テスト台車を置く予定。天井部にクレーンらしきものがあるので新設し、艦尾デッキの向こうにあるエンジン整備ルームへのドアをくり抜いて開いた状態に再現。

wa kanbi 201005

保護策の左右には防舷材が1個取り付いているのでその周囲と詳細を新設予定

艦尾にある黄色の2本の着艦誘導灯は本来甲板上の黄色の線と合わせないといけないがピットロードのキットではこれが合っていない。ここは言われないないと気がつかないレベルだからもうこのままで行くことにする。


艦橋・メインマスト

艦橋前部の2個の射撃指揮装置や最上層部等は改装で変わっているので形状を変えている。

艦橋の後部壁にははしごがないのでモールドを削除して、上下に走るパイプ、ハッチ等の詳細を新設

washington kan 201004

・SPS48レーダーをエッチング(ニミッツ用・ゴールドメダル)で設置し、その他詳細を新設
・艦橋天井のレドームは組み立て図面では実際は5個なので1個追加して新設
・手すりを新設

wa kan 201005000

wa kan 201005111

衛星通信(SATCOM)用のOE-82C衛星通信アンテナ(海自ではWSC-3、こんごう用はUSC-42)が2基、艦橋天井部のマスト左右にあるので新設


後部マスト

後部マストは改装されているので修正している。

SPS49レーダーをエッチング(ニミッツ用・ゴールドメダル)で設置し、その他詳細を新設

wa kan 201005

wa kan 2010053

4方に広がった先端の2箇所にアンテナが2本あるので新設予定


艦橋と後部マストを仮置きしてみる。接着してしまうと置き場に困るので…置き場を確保するまで接着はお預けだ。

wa tyuou 20100511111



防空兵器類

・ファランクスは銃身を伸ばして、円柱部横に光学装置等をつけてBlock1Bに(したつもり)
・シースパローはキットのものでなくピットロードの現用装備セットのものをベースに詳細を新設

wa boukuu 0000

wa boukuu 0001

RAM本体の色はダッグエッググリーンにする
右下の機銃座は艦尾デッキに設置予定
 

【蛇足】
ピットロードのRAMのモールドは繊細で素晴らしく、JAGがレジンでRAMを単品で販売しているがピットロードのRAMには到底及ばない。JAG製品はRAM4基で何と市場価格1000円!!このベースで見ればピットロードのRAMはその倍以上の価値がある。とするとRAM1基500円!ピットロードが高いわけだ。



搭載車両
・クレーン車
 クレーンのパイプ等を自作して、ワイヤー・歯車・排煙パイプや運転台脇の手すり・はしご等の詳細を新設

wa cranecar 0001

・フォークリフト・牽引車等

wa folk car 0001

フォークリフトはワプス級のキットのもので詳細は「ワプス用」(ゴールドメダル)のエッチングで新設
キットのフォークリフトは車輪が小さすぎるのでプラ棒で大きめの車輪を新設する等修正して作る予定

wa cranecar 0002

左上はワスプ級搭載のクレーン車


その他小物類

・ボートの設置

・その他、エッチングを利用して設置



後時間がかかるのは艦載機の最終仕上げだけだ。

まだ艦載機を新規に作る予定で、製作途中のものは仕上げ塗装とデカール・マーク類等が残っている。

★E2C:ホークアイ
↑新規製作はすべて2000型に改装する予定
★FA18:ホーネット【1】
★FA18:ホーネット【2】
★EA6A:プラウラー
↑新規製作はEF-18Gグラウラーにする予定
★C2:グレイハウンド

今まで車輪扉や脚等を自作してきたが新規の艦載機はエッチング(ゴールドメダル「現用米海軍空母艦載機用」)を多用する予定。

一昨年の建造開始時は現役だったS-3B・バイキングが全機引退し、E2C・ホークアイは2010年2月に最新の2000型になっている。


★空母ワシントン所属 第5空母航空団~CVW-5 製作(1/700


ワシントンはあと30年は就航するからそれまでには余裕で完成できそうだが…ワシントンより当方が先にあの世に行きそうだ。


【蛇足】
ニミッツ級原子力空母は巨大で精緻だ。人類の到達した英知の一つの結晶でアメリカの軍事力の象徴だが、それはまた人類の愚かさの象徴ともいえる。この空母を模型で作ることも愚かな行為たが、原子力空母そのものの大きさ以上に巨大な、人類を象徴する偉大なる愚かさだ。戦争はまさしく愚かさそのもののぶつかりあい。北朝鮮という軍事国家の存在と中国の軍事力の増強=愚かさの増強が地域の均衡を壊せば、単純にそれに見合う愚かさが均衡を保持するために投入される。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/202-f063a9cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。