Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/191-ea1b9d8c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

爆撃機・B17G…1/700ではもの足りず…1/72で構想→制作中

当初1/144で考えたが良いキットがないので、
アカデミー、ハセガワの1/72のキットで製作構想。
アカデミーのキットは入手できなかったのでハセガワのキットで製作。

1/72や1/48は各種のディテールアップ・キットが出ているのでさっそく購入してみる。

【ディテールアップ・キット】

・爆撃機乗員セット(レジェンド)
leglf7202.jpg

・ディテールアップセット(レジェンド)
legla7201.jpg写真:(株)ホビーリンク・ジャパン

・エンジン:カウリング(エンジンのカバー。クイックブースト製品)
 ↑購入は失敗。これよりもハセガワのキットの方がモールドが良い。
  アカデミー用となっているからアカデミーのキットよりは良いものなのかな。

・フラップ など

いずれもレジン・エッチングのキットで値が張るでの悩む…
しかしよくできているので悩ましいキットだ。


機体は何にするか?デカールの問題もあるが構想するのは勝手なので夢想する。

候補NO.1は「Nine-O-Nine」
アメリカ陸軍航空隊 第8空軍 ・91BG(Bomb Group)・323BS(Bomb Squadron)所属で、140回出撃して死傷者ゼロの奇跡的な機体。機体は当時のものではないが、コリングス財団等の支援で今でも当時の塗装でアメリカ国内で飛んでいる。道のりはまだまだ遠く、機体を何にするかはまだまだ遠い先に決めればいいことだ。


まずは細部の研究開始。

爆弾格納庫
キットでは閉まったいる状態なのでハッチ部分を切り取る。
この切り取ったハッチはこなごななので、ハッチは他のキットの機体から切り取る予定。

B17+kabu11_convert_20100215212820
レベルのキットやアカデミーのメンフィス・ベルはハッチが開閉できるようだ。


エンジンの詳細
エンジンのシリンダーの突端が二つに分かれているの再現するがカウリングに隠れて見えないか…。

B17 engine cyri


シリンダーが円柱状でない?現存している機体のシリンダー形状は円柱状が多いが…大戦当時とは異なるのかと思ったが、シリンダーについているパイプを再現しているので円柱状に見えないのだとわかる。

シリンダーにつないでいるこれらのパイプは当初再現しようと思っていたが前記のようにすでに再現されているので上部中央のパイプ1本と円盤状のもの(下記写真参照)を再現する。
また製造番号を記しているような板があるので再現する。

B17 engine up
youtube:B-17 Wright/Cyclone R1820 overview
下の写真の中央上部が上記の写真の箇所

\B17 engin001 アメリカの企業がCGで再現したもの


B17 eti100

エンジンのシリンダー部分にあるパイプを自作で再現しようと思ったが、B17エクステリア(エデュアルド製 上記写真)のエッチングに入っているのでこれで再現する。

B17 en11

B17 en15

B17 en14


●過給器(ターボチャージャ)
エンジンにはりついた貝殻のようなものが過給器(ターボチャージャ)。形状が若干異なるので修正する。
B17ではエンジンに各1個だがB29では2個の過給器がある。

turbo 001
youtube:B-17 Wright/Cyclone R1820 overview

B17 turbo
周囲のボルトも丸棒で再現。

turbo1000

B17エクステリア(エデュアルド)のエッチングにある排気口は楊子で丸めてつくる。

turbo100022
排気口の中に上記写真下部の円状のものが入っている。ここまでやる気はなかったがついでにこの円状のものを排気口に入れる。

turbo10001出来上がり

エデュアルドのエッチングの図面では、F17の模型キットの過給器にそのまま排気口をつける指示になっているが実際の過給器はこの図面とは異なる。図面では排気口の上にまたエッチングの排気口を二重でつけるという間違った指示なので模型キットの過給器の排気口はカットしてエッチングの排気口をつける。


●カウリング(エンジンのカバー)
カウリングの周囲の少し浮きあがっている部分はそれはそれで良い感じだが、より精密な感じになるのでB17エクステリア(エデュアルド)のエッチングに入っているカバーをつける。


主翼下部車輪周囲
左右の車輪軸の詳細がキットのものと現存する機体とでは異なるが…復旧した際に新しい部品・構造にしたのか?当時の古い資料がないので現存機のB17Gで再現しようと思う。
数少ない当時の写真から見て思うに、
このハセガワのキット(車輪軸)はB17Gではなく、B17F(メンフィス・ベルの機体)を参考にしているようだ。

B17 sharinjiku
車軸にまとわりつくパイプ線はB17エクステリア(エデュアルド製)のエッチングに入っているが、多少オーバースケールとはいえ目立つので自作の細丸棒のままにする。
B17sha1 re


後部車輪
後部車輪を支える軸が省略されているのでモールドを削り、パイプ状の支えを新設する。

B17sha2 re


機首風防ガラス
機首のアクリル樹脂の風防ガラスももしかしたらB17Fのものかもしれない…
と思い調べると種類がいくつかあるようだ。
メンフィス・ベル(B17F・現存機)のガラスには水平ではなく、
下方(後方に向かって)に下がるラインが入っている。
風防の向かって左側にある丸い円もキットよりも大きいようなのでビンパイスで大きく穴をあける。

B17 nose glas 1現存機の写真

B17 nose re
水平の2重(実際は3重)のラインは…ちょっと失敗。

文林堂B17表紙ミス

調べていてわかったが書籍”世界の傑作機「B17」”(文林堂・平成19年)の裏表紙(上記・左側の写真)は写真のネガを逆にして使っている。実際は左右が逆だ。左右対照的な写真を編集・印刷するときによく間違えるものだ。

コックピット風防ガラス
右側の窓をスライドさせて開けた状態にしてコックピット内部が見えやすいようにする。

機体と主翼等
・機体等のスジ彫りは行う。実機の写真を見てモールドにないスジ彫りを追加する。スジボリを完璧にやろうと思うとやる気を挫くので適当にやってみるが、それでもおおまかなスジ彫りに4時間くらいはかかり、まだ最終仕上げの前段階。仕上げのリベット打ちも適当にやってみるがどこまでやるか考え物。
適当にやるという意味でも最終仕上げまでせずに塗装に入る可能性も大。
・B17エクステリア(エデュアルド)のエッチングを主翼につける。

B17 rough 20100320
いろいろ粗が目立つが塗装でうまくごまかす予定。
適度な凸凹やスジ彫りのミスの修正箇所は、1/700とは異なりこのサイズだと現実味のある汚れ・破損・傷に見えるものだと勝手に納得しみる。

機首機体下部のハッチ
機首機体下部のハッチを開けた状態に再現すべくモールドを切り取る。
B17 kitaikabu ha 01

ハッチの取っ手が逆なので新設時に修正。
ハッチの周囲のスジ彫りが異なるようなのでついで修正し部材を一部新設する。

B17 kitai kabu 02



【蛇足】
航空機のスジ彫りは奥が深いというか鍛錬が必要な技だと実感。特に湾曲している部分が難しい。また素手で彫れるわけではないので道具の使い方も重要だ。


【蛇足】
今回のような小さい縮尺の大きなキットを作って思うのは戦場がまのあたりに現実的に見えてきて作っていて緊張感があることだ。1/700サイズの現用艦船は、艦船という存在自体が戦争においては抑止力的な要素もあって優雅ささえ感じるが、大戦時の爆撃機となると生死をわける瞬間のような切迫感と緊張感にまみれて優雅さはまったくない。

★B17出演の映画とB17G 1/144 半完成品


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/191-ea1b9d8c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。