Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/163-4f473208

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

中華民国(台湾) 康定(カンディン)級フリゲート艦  1/700

中華民国(台湾)海軍の康定級フリゲート(康定級巡防艦、Kang Ding class Frigate)は、フランス海軍のラファイエット級をベースにした改ラファイエット級艦船で、同型艦が6隻が就役している。
★ラファイエット級 1/700

香港・ブロンコ社のキットを偶然発見したので購入。
L'ARSENALのラファイエット級のレジン製・キットとは異なり、プラ製なので開口部や格納庫内部の再現が容易だ。

康定級もラファイエット級も全長は同じだが、L'ARSENALのラファイエット級よりもブロンコ社の康定級の方が若干短い。
康定級はフランス製の武装を搭載できなかったため、艦橋前の短SAM・76mm単装速射砲やヘリ格納庫上部のCIWS・左右の40mm機関砲などの独自の武装を新設している。そのためステルス設計を犠牲にしている面があり、その分、ラファイエット級よりも形状が複雑化している。


艦体中部・左右にボート収納部があるがステルス設計のため内部が見えないので、右舷側だけ内部を再現し、ボートが見えるようにしてみる。
ボートのあるのは左舷だけか?左右あるかは不明だが再現する。

KAN+ugen+200909_convert_20090928233334

ボート収納部内部の床面に小型ボートを自作して設置する。後からわかったがこの右舷側の開口部にはボートはないようだ…後で修正予定。

kandin+2_convert_20091002202238皿の中:小型ボート
設置した後、向きが逆だとわかるが後の祭り。修正せずにこのままでゆくことにする。

艦体下部左右に補強板らしき板・棒状のものがあるので新設している。

kan 200910 1

kan 200910 111


後部のヘリ格納庫のシャッターは閉まった状態だが開口部を新設し、シャッターを開けた状態にして内部を再現。

KAN+helikan+200909+1_convert_20090928233235

艦橋の窓の高さが低いのでプラ棒でかさ上げする。うまい具合に窓の穴が開いてリアルになる。
また、窓の上部がひさしのように出っぱっているのでプラ棒で再現する。

KAN+kan_convert_20090928233618

KAN+kan1_convert_20090928233516

右舷後部のヘリ甲板脇に開閉できる開口部があるので開けた状態で新設

kandin+1_convert_20091002202136

船尾にも開閉できる開口部があるので開けた状態で新設

kandin+3_convert_20091002202315
船尾には他にも複数の四角形のくぼみがあるので加工する。

ステルスのマストは当初手間はかと思ったがマストから細いアンテナが左右前部に計3本出、後部レーダーの張り出しから1本出ているので新設する。

kan 200910 11

短SAMの周囲の壁下部が水抜きになっているの壁のモールドを削除して壁を新設。

SAM3+honegumi_convert_20091006171301

KAN+SAM+shu_convert_20091006201238


キットはボートが収納されている左舷開口部のシャッターが下りた状態なので開口部をこじあけてシャッターが上がった状態を再現し、そこに右舷側の開口部のボートを移設する。

…写真掲載予定尾


●その他の加工・修正
・艦橋後部の構造物の囲いの高さが一部足りないので高くする。
・船首中央のアンカー格納部分のくぼみがキットにはないので形状を加工し穴をあける。
・ヘリ甲板のヘリ運搬軌条(どう再現するか未定)を新設。
・台湾国産対艦ミサイル「雄風2型」(4連装)の台座を削除して新たに新設。ラファイエット級ではエグゾセ・ミサイルが艦体内部に格納できるようになているが康定級は格納せずに露出状態。


ラファイエット級と康定級を並べて比較(ほとんど同じデザインだが)するのが楽しみだがさていつできるか?


【蛇足1】
対艦ミサイル「雄風」(Hsiung Feng)はハープーン・ミサイル(アメリカ)と同等の性能を持ち、その外観は巡航ミサイル・トマホーク(アメリカ)に似ている。「雄風2」の射程150km、その発展型の「雄風3」は射程300km。「雄風2」改良型の「雄風2E」は射程600~1000キロの巡航ミサイル。
アジア地域の経済的発展に比例して軍備増強もめざましい動きがある。国産・巡航ミサイルの保有は中国、台湾、韓国、北朝鮮、インド、パキスタン、イランと、すでに西欧諸国を抜いているのではないだろうか。


【蛇足2】
康定級フリゲートの調達に関連した国際的な汚職事件、ラファイエット事件が1993年に発覚。この事件では5億ドル以上の賄賂がフランス、台湾、中国の政府高官にばらまかれたといわれている。ロッキード事件とは賄賂の桁が2桁違う。康定級は中国と同じ、フランスのトムソンCSF社(現タレス社)の戦術情報処理装置(日・米のイージス・システムのようなもの)を搭載しており、これも紛糾する=賄賂で調整すべき問題だったのではないだろうか。
康定級フリゲートの調達価格は1989年当初6隻で70億フラン(約1700億円)だったが、賄賂などの工作で1991年の契約時には160億フランと倍以上になったといわれている。この事件は2009年現在もまだ捜査が続けられている。また、ミラージュ戦闘機、MICAミサイル等の軍備購入でもこの種の疑惑がいろいろあるようだ。
上乗せされた技術供与・ライセンス料などの不透明な支払いが多い日本も実際公表されている軍事費とその実体は同一には考えられず、単純に軍事費の額とGDP換算での軍事支出割合だけで評価はできない。
もっとも軍事力でもっとも不透明で、しかし、もっとも重要なのは「人」。軍人の練度はなかなか数値化できるものではない。いかに高価な軍備を整えても整備や操作ができなければその兵器の性能をフルに発揮させることはできない。また単純に「人」の頭数をそろえても同様だが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/163-4f473208

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。