Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/162-8106a547

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

フランス海軍 ラファイエット級フリゲート 1/700

フランス海軍のラファイエット級フリゲート(仏語:Frégate classe La Fayette)は、世界初のステルス性重視で設計・建造した艦。
満載排水量3,600tとコンパクトな艦船。

A+L+hikaku_convert_20091007210046
上:アーレイバーク級・フライトⅠ 下:ラファイエット級
★アーレイバーク級・フライト:フィッツジェラルド

その大きさも時代を先取りしている艦船だといえる。巨艦巨砲時代は過去の話で、現代は中型・ミサイル艦の時代でまだ大きすぎる感じで、今後はこの種の中小型な艦船がふえてゆくだろう。

フランス海軍に同型艦が5隻。海外に輸出された派生型の同型艦に康定級フリゲート(台湾海軍) 、縮小改良型にフォーミダブル級フリゲート(シンガポール海軍)、拡張改良型にアル・リヤド級フリゲート(サウジアラビア海軍)と計20隻が就役しているベストセラー艦船。ステルスというコンセプトも良かっただろうがフランスの営業力もなかなかなものだ。
★康定級フリゲート 1/700


L'ARSENALのレジン・キットを購入。船底のこぼこでを削るのがたいへだったが艦体のモールドは「おフランス」の船らしいシンプルかつ上品で優雅なデザインを一体成形でよく再現している。

艦橋の窓に精密窓枠(JOE社)を新設して、窓の上部にプラ棒を新設する。この上部の少し出っ張った部分に窓のワイパー装置が組み込まれているのだろう。

塗装しながら製作する方が楽なようなので下地にレジン・プライマーを塗布する。

KAN kan mado

●武装類

・100mm単装砲
砲塔部分の詳細(梯子、ハッチ、後部の突起等)を新設

・20mm単装機銃
機銃前の壁が開くようになっているので開いた状態にする

・クロタル短SAM8連装発射機
 ・SAMの両脇に板状のものがあるので新設
 ・SAM脇に板状のものがあるので新設して、回転できるように真鍮棒を発射機に新設
 ・円状の台座があるので新設
LF+SAM+kadou+1_convert_20091007205920
LF+SAM+kadou_convert_20091007205835

・エグゾセ・ミサイルMM40SSM4連装発射機(2基)
ステルス性維持のため煙突後部に通常格納され、発射時に扉が開いて外に出てくる仕組みになっている。キットにはエグゾセの土台部分がエッチングでついている。
斜め方向と直立で設置する予定。

・SYLVER VLS 16セル(アスター15SAM用)
艦橋前のスペースに設置予定の装備でまだ実際の艦には装備されていないが他のキットを流用して設置してみる。空母ド・ゴールなどにこのVLSは設置されている。
VLS+kari_convert_20091007205959
VLSをつけるとなかなか頼もしい感じだ。空母ド・ゴールのVLSは2×4の8セルが2個、少し離れて設置されているようだ。

●その他装備
・給油ホースが後部煙突左舷にあるので新設
・ヘリ格納庫天井部の短SAMの裏にアンテナを新設


【蛇足1】
ラ・ファイエットはフランスの貴族出の政治家で、アメリカ独立戦争に義勇軍で参加し、フランス革命ではフランス人権宣言を起草し、「両大陸の英雄」と言われている。なぜか今頃…2002年にアメリカ名誉市民に。西欧ではよく偉人や英雄の名前を艦名につける。自然の名称や地名をつける日本とは感性がかなり異なる。最近ではご存命中の方の名前を艦名につけるアメリカ。空母レーガンや空母ブッシュは行き過ぎだろう。
空母・中曽根とかは日本ではありえない。人はそもそもそう簡単に神にはなれず、あるお住職さんの話では普通の人は死んで10年で神になれると言っていたが、アメリカは希有まれな業績ゆえに生き仏ということだ。


【蛇足2】
フランス語で「トビウオ」を意味するエグゾセ(Exocet)は、フランスのMBDA社が製造している対艦ミサイル。
このミサイルはフォークランド紛争(1982年)で、アルゼンチン軍がイギリス軍に対して使用して大きな戦果をあげたことで世界的に有名になる。アルゼンチンはシュペルエタンダール艦上攻撃機(フランス製戦闘機)から発射したエグゾセで、イギリス海軍・駆逐艦「シェフィールド」、コンテナ船「アトランティック・コンヴェアー」を撃沈し、他にも陸上からの発射により駆逐艦「グラモーガン」に損害を与えた。
イラン・イラク戦争(1987年)ではイラク空軍のミラージュF1が、イランのタンカーと誤認してアメリカ海軍・フリゲート艦「スターク」にエグゾセを発射して沈没寸前のダメージを与えている。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/162-8106a547

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。