Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/12-6e3f20bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

海洋観測艦AGS5105「にちなん」 自作製作中

海洋観測艦「にちなん」(3,300トン)は、対潜作戦等のために海底地形観測して海域のデータを収集・解析を行う艦で武装はないが、海洋国家日本には不可欠の艦だ。
エンジン・動力には艦内発生音低減のため電気推進方式が採用されている。

キットでは発売されていない艦なので自作する。

nitinan 4

nitinan 1
タイコンデロガ(ドラゴン)の艦体の形がほぼぴったしカンカン(古い!)。船首のブルワーク(bulwark)と艦尾の寸法もそっくりだが艦体が長すぎるのでこの艦体を短く切る。
マストは護衛艦しまかぜ(ピットロード)のマストを改造するが実際よりも一回り大きな感じだ。

nitinan 2
甲板後部のクレーン類は作りがいがあるが詳細がイマイチ不明で想像して作っている部分も多い。

nitinan 3
艦首にガントリー(観測用ケーブルを敷設用) 

★備考★小西製作所の1/500 「にちなん」 http://www3.ocn.ne.jp/~konishi/list500.htm
なお、小西製作所のモデルは最近知ったのでまったく参考にしていない。写真を見たところ、小西製作所の後部甲板左舷にあるくの字に曲がって収納されるクレーンの形状が実物と忠実でない気がするが気のせいかもしれない。


完成度は8割以上、塗装待ちの状態だといえる。

潜水艦等の音紋データを収集する音響観測艦(ひびき型)と共同で音波測定を行うときは測定の基点として音源艦になるそうで、音響観測艦も近々建造したくなってきた。

★音響測定艦ひびき 自作


【蛇足】
2009/6/29:海洋観測艦「しょうなん」進水式
海上自衛隊の平成19年度計画で建造されてた海洋観測艦「しょうなん」(AGS5106)の命名・進水式が三井造船玉野事業所(岡山県)で行われた。「しょうなん」は排水量3200トン、全長103m、幅16.4m。平成21年度内に除籍される海洋観測艦「ふたみ」の代替艦として2010/3に就役予定。
「にちなん」以来約10年ぶりの建造となった「しょうなん」は商船構造を採用している。そのために「にちなん」の建造費約300億を大幅に下回る約190億円で建造された。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mokei888.blog79.fc2.com/tb.php/12-6e3f20bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。