Entries

スポンサーサイト

遠隔操縦(自走)式掃海具 SAM3  1/700自作

遠隔操縦(自走)式掃海具=SAM(Self-Propelled Acoustic And Magnetic Minesweep)は、掃海艇が入れない水深の浅い海面にある機雷を遠隔操作で掃海するスエーデン産の自走式掃海具。その最新型が「SAM3」。旧(現)タイプのSAMは海上自衛隊で2000年から導入されている。SAM3の導入もすでに計画されているのではないだろうか。★海自 SAM 1/700自作SAM同様、キットは出ていないので雑誌「軍事研究」(2009/9:187P)の写真...

遠隔操縦式掃海具 SAM(自走式掃海具)  1/700自作

海上自衛隊の掃海管制艦は2隻の遠隔操縦式掃海具 SAM(自走式掃海具)を随伴する。SAM(Self-propelled Acoustic and Magnetic )は、スウェーデンからの輸入艇で掃海管制艦からリモコンで海上を掃海できる自走式の掃海船である。朝鮮戦争時、日本は朝鮮半島に掃海艇を派遣して掃海し、戦後初の軍人(?)の死者(戦死者)を出した。人命を尊ぶという観点からこうした開発は日本独自で行ってほしいものだ。無人の偵察機などが昨今...

掃海母艦「ぶんご」 建造中

掃海母艦うらが型(SLYLINE製)を、砲塔がある「ぶんご」で建造中。掃海母艦の最大のキャラは4個の大型クレーン。クレーンの形状がおおまか過ぎるので、クレーン台座だけ生かしてクレーン部分は削り取って4個すべて詳細を自作する。と言いながらボヤケタ写真…詳細出すと粗が目立つので当分このままで。艦橋裏の階段をエッチングで新設する。格納庫に収納されている磁気式掃海具を自作で1個完成させたが小さくすぎる感じ...

改はつしま型掃海艇(ほぼ掃海管制艦にいじま型)

掃海艇はつしま型のゆりしま、ひこしま、あわしま、さくしまの4隻が、1991年、湾岸戦争の戦後処理でペルシャ湾へ派遣された。ペルシャ湾の機雷処理では日本以外にも多くの国が参加し、決められた担当エリアでの機雷処理数を各国は競い、また日本から派遣された4隻の艇も日々競っていただろう。艦内のモニターで機雷は発見できるだろうが機雷の除去はダイバーが海中にもぐって信管をはずすからたいへんな作業だ。朝鮮戦争時、日本...

すがしま型掃海艇

機雷は地雷と共に安価な兵器だがその効果は恐ろしく大きい。機雷敷設・除去等の掃海業務は国家防衛の基本だといえる。1950年台初頭、朝鮮戦争時、機雷などの掃海に今の海上自衛隊が派遣されたときに、戦後日本で最初の戦死者を出した。最近でも湾岸戦争の戦後処理ではつしま型掃海艇が派遣され、そのときの経験がこのすがしま型の設計に生かされているという。すがしま型を含めて現在日本が保有している掃海艇はほとんど木造艦。今...

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

yasu www

Author:yasu www
四半世紀以上ぶりに模型制作を始めました。現用艦の充実、レジン・キットやエッチング等の小部品類の充実には驚くばかりです。昔は存在していなかったネット環境で現用艦などの最新情報を収集して改装できるのも大きな楽しみです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。